Gmail Postmaster Toolsを導入する

Gmail Postmaster Toolsは、Gmailへ配信しているメールの配信エラー、迷惑メール報告された数などを確認することができる無料のツールです。

Gmail Postmaster Tools配信エラー

配信エラー

Gmai Postmaster Tools迷惑メールフィードバックループ

迷惑メールフィードバックループ(迷惑メールの報告)

【Postmaster Tools登録方法】
Postmaster Toolsを利用にあたりGoogleアカウントが必要です。Googleアカウントが無い方は、先にアカウントを作成しておきます。
また登録にあたりドメイン、DNSの知識が多少必要となります。

はじめにPostmaster Toolsのページから「Get Started」ボタンをクリックします。
https://gmail.com/postmaster/

Gmail Postmaster Tools

Gmail Postmaster Tools登録開始

次に登録する(ご自身の)ドメインを入力して「次へ」をクリックします。

Gmail Postmaster Toolsドメイン認証

登録するドメインを入力します。

ドメインの所有者を確認するための認証用TXTレコードが表示されますので、「google-site-verification=xxxxxxxxxxx」の部分をコピーします。

もし、ご利用のDNSサーバーはTXTレコードを1つしか追加できない場合、SPFレコードと被ってしまいます。
そのような場合は赤字の「CNAMEレコードを追加」をクリックして表示される、CNAMEレコードをお使いください。

Gmail Postmaster Tools所有権の確認

ドメイン所有権の確認

次にご利用のDNSにて、TXTレコードに「google-site-verification=xxxxxxxxxxx」を追加します。

Gmail Postmaster Tools DNSにTXTレコード追加

DNSにTXTレコード追加

DNSの変更が反映されたのちに(ご利用のDNSによっては多少時間が掛かります)、さきほどの所有権の確認ページにて「確認」をクリックします。

Gmail Postmaster Tools所有権の確認

「確認」をクリックします

Postmaster Toolsからドメインの所有権が確認されました。

Gmail Postmaster Toolsドメイン確認済み

ドメイン確認済み

ドメインの所有権が確認された後は、各ドメイン(下記の画像ならasumeru.com)の箇所をクリックすると、データを見ることができます。

Gmail Postmaster Toolsドメイン一覧

登録済みドメイン一覧

カテゴリー: 到達率, 迷惑メール パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)