携帯のなりすましメール拒否

Docomo、au、Softbankなど携帯キャリア各社では迷惑メールへの対策として、なりすましメールへの規制がおこなわれています。

なりすましメールの判定には、SPF(ドメイン認証)の技術が使われています。
Docomo
http://www.nttdocomo.co.jp/service/communication/imode_mail/notice/sender_id/
au
http://www.au.kddi.com/service/email/support/chui/spf_record.html 
SoftBank
http://mb.softbank.jp/mb/information/details/060328.html

Gmailから携帯へ送信した場合

Gmailから携帯にメールを送信

  1. GmailからDocomoにメールを送信
  2. Docomoにメールが届く
  3. DocomoがGmailのSPFレコードを参照
  4. メールの送り元(IPアドレス)がSPFレコードに含まれているので、メールの受け取りを許可

アスメルからGmailのアドレスで携帯へ送信

Gmailのアドレスで、アスメルから携帯へ送信

  1.  アスメルからGmailのアドレスを名乗って、Docomoへメールを送信
  2. Docomoにメールが届く
  3. DocomoがGmailのSPFレコードを参照
  4. メールの送り元(アスメルのIPアドレス)がSPFレコードに含まれていないため、なりすましメールと見なしてメール受け取りを拒否

 このようにフリーメールアドレスやプロパイダのメールアドレスで、SPFに記載されていないIPアドレスからメールを送信しますと、なりすましメールを受け取らない設定をしているアドレスにメールが届かなくなります。

アスメルから携帯へメールを送信する際は、必ず独自ドメインのメールアドレスを導入してSPFレコードの公開をおこなってください。

カテゴリー: SPF, ドメイン認証, 到達率, 携帯 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)