レンタルサーバーの共有SSLを利用する

SSLとは?

SSLはインターネット上で情報を暗号化して送受信するプロトコルです。
導入するとページやフォームのセキュリティを高めることができます。
SSLはアスメルの登録フォームなどでも使用されています。

SSLを使用しているURLの違い

SSLで暗号化されているページは「https://」で始まります。

ssl

SSLの導入方法

SSLを導入するには「SSL証明書」を購入して
サーバーに設定する必要がありますが、
多くのレンタルサーバーでは「共有SSL」を提供しています。
共有SSLを使用すると簡単にSSLを利用することができます。
アスメル登録フォームでCSSを指定する場合には、こちらを使用するとよいでしょう。

共有SSLでページを表示する場合はURLが以下のようになります。
(さくらサーバーの場合)

  • https://初期ドメイン/
  • https://secureNNN.sakura.ne.jp/独自ドメイン/

独自ドメインをそのまま使用したいという場合には、
独自SSL証明書を購入して設定する必要があります。

各社の共有SSL設定方法

さくらサーバー

ロリポップ

Xserver

へテムル

ミニバード

ファイアバード

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)