テキストメールとHTMLメールでのURL記載方法

メール種別で「テキストメール」を選択している場合と
「HTMLメール」を使用している場合とでは適切なURLの記載方法異なります。

お使いのメール種別に合わせて適切な記載方法で配信を行ってください。
特にクリック率を計測する場合には、注意が必要です。

テキストメールの場合

テキストメールで配信する場合、
URLをリンク化するための設定は特にありません。

URLをそのままメール本文に貼り付けてください。

そもそも、テキストメールは仕組み上、
送信側の環境からURLにリンク情報を含ませることができません

それでもURLがリンク化されるのは、
受信側の環境がURLを自動認識してくれるためです。

稀にURLがリンク化されないことがありますが、
それは受信側の環境がURLを自動認識できなかったためです。

特に以下のような例では、URLとその他の文字や記号が繋がっているために
リンク化されない場合があります。

極力、URLの前後にはスペースを含め、何も記載しない方が良いでしょう。

 

【良い例】
http://asumeru.net/

【悪い例】
⇒http://asumeru.net/
http://asumeru.net/こちら

 

HTMLメールの場合

HTMLメールの場合はURLをHTMLでリンク化する必要があります。

例えば以下のように、HTMLを使ってURLのリンク化を行ってください。

 

【その1】

<a href="http://asumeru.net/">http://asumeru.net/</a>

上記の出力結果:

【その2】

<a href="http://asumeru.net/">アスメル技術マニュアル</a>

上記の出力結果:

HTMLでは、このように「href=""」の中に書かれたURLがリンク先のURLとして働き、
<a href="">と</a>の間に書かれた部分が、メール上で表示(リンク化)される部分です。

その1では「http://asumeru.net/」の部分を、
その2の例では「アスメル技術マニュアル」の部分をリンク化しています。

※リンク先はどちらも同じです。

なお、HTMLメールでクリック率計測を有効にする場合、
上記の例のようにURLをリンク化しないと計測対象になりませんのでご注意ください。

テキストメールの場合はURLをそのまま記載すれば計測対象になります。

ちなみに、HTMLがよくわからないという方でも、
HTMLエディタを使用すれば、簡単に文字をリンク化させることができます。

 

url

HTMLエディタでのURLリンク

HTMLエディタをONにし、任意の文字列を選択してから、
鎖マークのアイコンをクリックしてください。
設定画面が開きますので、「リンクのURL」を入力するとリンク化できます。

 

URLマスクについて

上記の【その1】の方法でリンク化し、なおかつクリック率や開封率の計測機能を使用している場合、本文中に表示されるURLはそのままですが、リンク情報のみ計測用のURLに置換されます。

この状態では表示されるURLとリンク先のURLが食い違うことになります。
これを「URLマスク」と呼びます。
主にフィッシング詐欺で使用される手法ですので、迷惑メール判定を受けないために避ける必要があります。

【その2】のように「こちら」のような文字列をリンク化することをお勧め致します。

カテゴリー: クリック率・開封率計測 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)