SPF設定例(エックスサーバー)

レンタルサーバー、ドメイン管理がエックスサーバーの例

サーバーパネルでレンタル中のサーバーのIPアドレスを確認します。

2

サーバーパネル

以下の部分です。

サーバー情報

 

DNSレコード設定を開きます。
開いたら設定対象ドメインを選択してください。

DNSレコード設定

DNSレコード設定

 

「DNSレコードの追加」タブを選択し、レコードを入力します。

※ "120.136.10.36"のIPアドレスは先の手順で調べたものに書き換えてください。

ホスト名 空欄
種別 TXT
内容 v=spf1 ip4:120.136.10.36 include:1lejend.com ~all
優先度 0

DNSレコード追加

DNSレコード追加

 

以上で完了です。
レコードチェックを行い正しく設定できていることを確認してください。

カテゴリー: SPF パーマリンク

SPF設定例(エックスサーバー) への6件のフィードバック

  1. 東山 のコメント:

    こちらですが、ドメインはVALUE-DOMAINで取得し、サーバーはx-serverである場合は、両方で設定が必要なんでしょうか?

  2. 技術サポート のコメント:

    Xserver側でTXTレコードを追加することができますので、
    Xserverでのみ設定を行って頂ければ問題ありません。

  3. 斉藤 のコメント:

    ドメインはムームードメインで取得し、サーバーはx-serverです。
    両方共SPF設定をしました。コンフリクトを起こしますでしょうか?
    やはり、ムームードメインの設定を解除し、x-serverのみの設定にした方がいいでしょうか?

    • 技術サポート のコメント:

      設定したレコードは、ネームサーバーに設定されているものが適用されます。
      ネームサーバーがxserverに設定されている場合はxserverのレコードが、
      ネームサーバーがムームードメインに設定されている場合は
      ムームードメインのレコードが適用されます。
      そのため両方にTXTレコードがあっても問題がありませんが、
      基本的にはネームサーバーをXserverに設定し、
      Xserver側でTXTレコードを追加すればそれだけで大丈夫です。

  4. 前田 のコメント:

    ドメイン及びサーバーはXserverです。
    mekeshop側のIPアドレスにてAレコード設定したら
    メールが届かなくなりました。
    makeshop側での指定のSPF記述でXserver側に設定をしましたが
    これでよいのでしょうか?
    ご指導の程よろしくお願い致します。

    • 技術サポート のコメント:

      メールをどのサーバーで受信するのかという設定はMXレコードを記述して行います。
      MXレコードが適切に設定されていない場合はメール受信ができないことがあります。
      Xserver上で設定が完結できるのであれば一番望ましいと思います。
      HPの表示とメール受信が問題なければ、あとはSPFレコードチェックツールで「PASS」と表示されれば大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)