SPFレコードの確認方法

メールが届かない(特に携帯)または迷惑メールボックスに入ってしまうという方は、
まず送信に使われているメールアドレスのSPFレコードを確認してみてください。

送信に使われているメールアドレス

確認の結果下記のような場合にはSPFレコードを追加・編集する必要があります。

  • SPFレコードがない場合
  • SPFレコードの中に「include:1lejend.com」が書かれていなかった場合
  • SPFレコードチェックで「Pass」にならない場合

該当した方は【SPFレコードの公開】に進んでください。

 

SPFレコードチェックツール
Windowsを使用した方法
Macを使用した方法

SPFレコードチェックツール

アスメルが提供するチェックツールで確認することもできます。

SPFレコードチェックツール
http://asumeru.net/tools/spf/spfchecker.php

チェックツール

チェックツール

入力欄に「送信に使われているメールアドレス」 を入力して
「チェックする」ボタンをクリックしてください。

正しくSPFレコードが設定されているならPassと表示されます。

pass

SPFチェックツール

確認の結果下記のような場合にはSPFレコードを追加・編集する必要があります。

  • SPFレコードチェックで「Pass」にならない場合

該当した方は【SPFレコードの公開】に進んでください。

 

Windows

スタートメニューから「アクセサリ」の「コマンドプロンプト」を起動

コマンドプロンプト

コマンドを入力「nslookup -q=txt asumeru.com」
※asumeru.comの箇所は確認するドメインを入力してください。

設定されている場合

text = "v=spf1 ip4:xxx.xxx.xxx.xxx include:1lejend.com ~all"

といった形式で表示されます。
※ip4:xxx.xxx.xxx.xxxはレンタルサーバーのIPアドレス、include:1lejend.comの箇所はアスメルのサーバー

設定されていない場合は「text = ""」の部分は表示されません。

確認の結果下記のような場合にはSPFレコードを追加・編集する必要があります。

  • SPFレコードがない場合
  • SPFレコードの中に「include:1lejend.com」が書かれていなかった場合
  • SPFレコードチェックで「Pass」にならない場合

該当した方は【SPFレコードの公開】に進んでください。

 

 Mac

アプリケーション「ユーティリティ」から、「ターミナル」を起動してください。

ターミナル内でdigコマンドを入力

dig asumeru.com txt と入力してエンターキーを押します。
(asumeru.comの部分を調べたいドメインに書き換えてください)

設定されている場合「ANSWER SECTION」に

asumeru.com. 3600 IN TXT "v=spf1 ip4:xxx.xxx.xxx.xxx include:1lejend.com ~all"

といった形式で表示されます。

設定がない場合は「ANSWER SECTION」が表示されません。

 

確認の結果下記のような場合にはSPFレコードを追加・編集する必要があります。

  • SPFレコードがない場合
  • SPFレコードの中に「include:1lejend.com」が書かれていなかった場合
  • SPFレコードチェックで「Pass」にならない場合

該当した方は【SPFレコードの公開】に進んでください。

カテゴリー: SPF, 到達率, 携帯 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)