List-Unsubscribeヘッダーとは

アスメルではメールのヘッダーに「List-Unsubscribe」が入ります。
List-Unsubscribeには登録解除の要求先が記載されており、このヘッダーに対応しているGmail、Microsoftなどから登録解除の要求を行うことができます。

List-Unsubscribeヘッダにより、Gmailに登録解除が表示されます。

Gmail「送信者からのメールをブロック」をクリックで、確認画面が表示されます。

Gmail、迷惑メール報告ボタンをクリックした際にも、登録解除の選択肢が表示されます。

Gmailで登録解除がクリックされると、Subject「unsubscribe」、From(差出人)に登録解除がクリックされたメールアドレスで、メールが送られてきます。

This message was automatically generated by Gmail.

Gmailから送られてくるメール

このようなメールが届きましたら、差出人のアドレスには配信しないよう購読解除を行いましょう。
購読解除せずに配信を続けた場合、迷惑メールの送信者と見なされて到達率が悪化します。

2019年2月4日追記
「エラーメールの処理」が「アスメル側で処理する」に設定されいているシナリオでは、「List-Unsubscribe」ヘッダーに自動解除用のメールアドレスが入るようになりました。
該当する購読者が自動で配信解除されます。

 

関連情報

Gmail 一括送信ガイドライン
https://support.google.com/mail/answer/81126

Microsoft
https://sendersupport.olc.protection.outlook.com/pm/junkemail.aspx

カテゴリー: 到達率, 購読解除 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)