Gmail Postmaster Toolsを導入する

Gmail Postmaster Toolsは、Gmailへ配信しているメールの配信エラー、迷惑メール報告された数などを確認することができる無料のツールです。

Gmail Postmaster Tools配信エラー

配信エラー

Gmai Postmaster Tools迷惑メールフィードバックループ

迷惑メールフィードバックループ(迷惑メールの報告)

【Postmaster Tools登録方法】
Postmaster Toolsを利用にあたりGoogleアカウントが必要です。Googleアカウントが無い方は、先にアカウントを作成しておきます。
また登録にあたりドメイン、DNSの知識が多少必要となります。

はじめにPostmaster Toolsのページから「Get Started」ボタンをクリックします。
https://gmail.com/postmaster/

Gmail Postmaster Tools

Gmail Postmaster Tools登録開始

次に登録する(ご自身の)ドメインを入力して「次へ」をクリックします。

Gmail Postmaster Toolsドメイン認証

登録するドメインを入力します。

ドメインの所有者を確認するための認証用TXTレコードが表示されますので、「google-site-verification=xxxxxxxxxxx」の部分をコピーします。

もし、ご利用のDNSサーバーはTXTレコードを1つしか追加できない場合、SPFレコードと被ってしまいます。
そのような場合は赤字の「CNAMEレコードを追加」をクリックして表示される、CNAMEレコードをお使いください。

Gmail Postmaster Tools所有権の確認

ドメイン所有権の確認

次にご利用のDNSにて、TXTレコードに「google-site-verification=xxxxxxxxxxx」を追加します。

Gmail Postmaster Tools DNSにTXTレコード追加

DNSにTXTレコード追加

DNSの変更が反映されたのちに(ご利用のDNSによっては多少時間が掛かります)、さきほどの所有権の確認ページにて「確認」をクリックします。

Gmail Postmaster Tools所有権の確認

「確認」をクリックします

Postmaster Toolsからドメインの所有権が確認されました。

Gmail Postmaster Toolsドメイン確認済み

ドメイン確認済み

ドメインの所有権が確認された後は、各ドメイン(下記の画像ならasumeru.com)の箇所をクリックすると、データを見ることができます。

Gmail Postmaster Toolsドメイン一覧

登録済みドメイン一覧

カテゴリー: Gmail, 到達率, 迷惑メール パーマリンク

3 Responses to Gmail Postmaster Toolsを導入する

  1. vitrupharma のコメント:

    vitrupharmaと申します。

    2017年に投稿された情報にコメントするのは非常に心苦しいのですが…
    数週間、問題が解決されずにいるので、藁をもすがる気持ちでコメントを
    残させていただきます。

    Gmail、Google管理のメールアカウントに対してメールの送信を
    行っても迷惑メール扱いになってしまい、PostmailToolへ参加
    させていただいたのですが、一向に状況が改善されません。

    導入した後の作業等が不明なのですが、どのような作業が必要になるのか
    お教えいただけたら幸いです。

    失礼いたしました。

    • 技術サポート のコメント:

      配信状況によって原因や解決方法が異なります。
      お手数ですが、会員画面「お問い合わせ」から
      「使い方や機能、到達率など技術に関するご質問はこちら」
      を開き改めてお問い合わせ頂ければと思います。

      • vitrupharma のコメント:

        返信いただきありがとうございます!

        申し訳ございません。
        御社のサービスを利用しているユーザではないのに
        書き込みをしてしまいました。

        大変失礼いたしました。
        今後検討させていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)