SPFレコードの公開

SPFレコードとは

SPFレコードとはドメイン認証のことで、
「自分が所有するドメインで送信するメールは、この送信サーバーを使う」
ということをあらかじめ宣言するためのものです。

なりすましメールと認識されてしまうと、サーバーで拒否されてしまったり、迷惑メールボックスに入ってしまったりします。多くの場合エラーメッセージも返ってきません。

このような事態を防ぐためにSPFレコードの公開が必要になります。

ドメインに対してSPFレコードを設定して公開することで、
なりすましメールではないという証明を行うことができます。

SPFレコードはアスメルを使用しなくても全てのアドレスに必要な設定です。
またどの配信スタンドを使用しても必ず行う必要があります。

送信者アドレスのSPFレコードを確認していない方は、まず確認を行いましょう。

SPFレコードの確認方法

 

SPFレコードの設定方法

SPFレコードは送信者アドレスのドメインを管理しているサイトで行います。
DNS設定からTXTレコードとして追加します。

通常のメール送受信に使用しているメールサーバーのIPアドレスと
アスメルのIPアドレスの両方を記述する必要があります。
(アスメルのIPアドレスは複数のサーバーを使用しており、
必要に応じて移転をしているため、上記のように記述します。)

SPFレコードチェックで既にSPFレコードがあった場合は
既にあるレコードを編集し「include:1lejend.com」を挿入します。

SPFレコードチェックでSPFレコードがなかった場合は
新規にTXTレコードを追加し、SPFレコードを記述します。

 

会社別のSPFレコードの設定方法

下記のページでは実際に独自ドメインのメールアドレスを取得し、
SPFレコードを公開するまでの手順を追うことができます。

独自ドメインのメールアドレスを作成しSPFレコードを公開する

 基本的な設定内容はどの管理会社を使用していても変わりませんので、
上記を参考に設定してみてください。

またその他の会社での設定例をご紹介します。

【参考記事】
SPFレコード
http://salt.iajapan.org/wpmu/anti_spam/admin/tech/explanation/spf/

 

技術サポートによるSPFレコードの代行設置

ご自身での設定が難しい方は無料で代行設置を承ります。

SPFレコードの代行設置申し込み

カテゴリー: SPF, ドメイン認証, 到達率   パーマリンク

SPFレコードの公開 への25件のコメント

  1. 質問者 より:

    「自分が所有するドメインで送信するメールは、この送信サーバー以外は使わない」
    とありますが、自分が所有するドメインで送信するメールアドレスを複数作成している場合、アスメルさんのサーバーではなく、常時利用しているサーバーからも、メールを送信しています。
    その場合でも、このSPFの設定をしても問題ないのでしょうか?

    • admin より:

      SPFを設定する際は「常時利用しているサーバーのIPアドレス」も入れた

      example.com. TXT “v=spf1 ip4:常時利用しているサーバーのIPアドレス include:1lejend.com ~all”

      の形式で設定しますので問題ありません。

  2. 上野 より:

    ドメインは「お名前.com」、サーバーは「Google Apps」なのですが
    SPFはどのように設定したらよいのか教えて頂けますと
    とても助かりますので
    どうぞよろしくお願い申し上げます。

    • admin より:

      ドメイン用の SPF レコードを作成するには、そのレコードが
      IP アドレスの最新リストの Google SPF レコードを参照するようにしてください。

      Google AppsのSPFレコード:
      「v=spf1 include:_spf.google.com ~all」

      この方法により、ドメインは Google IP アドレスが変更されるたびに、自動的に変更を継承します。
      このSPFレコードにアスメルからも送信するという意味の「include:1lejend.com」を加えます。

      実際に設定するTXTレコード:
      「v=spf1 include:_spf.google.com include:1lejend.com ~all」

      なおTXTレコード設定編集はお名前.comで行います。

  3. より:

    J-NAVIのサーバを使用していますが、
    SPFの設定方法がわかりません。

    SPFの設定方法を教えていただきたいです。

    宜しくお願い致します。

  4. admin より:

    サーバーが変わっても
    v=spf1 ip4:111.222.333.444 include:1lejend.com ~all
    という基本の形は変わりません。
    111.222.333.444のipアドレスの部分が、使用しているサーバーのipアドレスに
    変わるだけです。
    使用しているサーバーのipアドレスの確認方法、DNSの設定方法については
    お使いのサーバーにお問合せください。

  5. BF より:

    お世話になっております。
    現在ドメイン「お名前.com」、サーバー「GMO・SD共用サーバー」で
    ステップメールを運用させて頂いておりますが、
    SPFレコードの変更手順が分かりません。
    GMOに問い合わせもしましたが、具体的な部分は教えて頂けませんでした。
    出来れば他のサーバー事例の様に図解してご説明いただくと助かりますが、
    変更方法を教えて頂けますでしょうか。
    何卒宜しくお願い致します。

  6. 榎本 より:

    ・ドメイン: お名前.com(ネームサーバー)
    ・サーバー: エックスサーバー
    ・メール: Google Apps

    の場合は、どのように記述すればよいですか?

    • 技術サポート より:

      ネームサーバーの設定がお名前.comになっている場合はお名前.comで、
      エックスサーバーになっている場合はエックスサーバーで設定を行います。
      設定内容は以下のようになります。
      (111.222.333.444の部分はご自身のサーバーのIPアドレスに書き換え)

      v=spf1 ip4:111.222.333.444 include:_spf.google.com include:1lejend.com ~all

  7. M.K より:

    アスメルプラチナプランを利用させて頂いているのですが、
    その場合も下記のような記載で間違いなかったでしょうか?

    v=spf1 ip4:111.222.333.444 include:1lejend.com ~all

    プラチナプランは、専用IPアドレスが割り当てられているため、
    include:1lejend.comという記載で良いのかと、少々疑問に思った次第です。

    • 技術サポート より:

      プラチナプランのIPアドレスも、include:1lejend.comに含まれています。
      割当られた専用IPアドレスを記述しても正しいのですが、
      プラチナプランのサーバートラブルやメンテナンス時は、
      一時的に共有IPに切り替えさせて頂く場合がございますので、
      include:1lejend.comと記述されることをおすすめ致します。

  8. ジジ より:

    ドメインは「お名前.com」、サーバーは「さくらインターネットなのですが
    サイトとメールでサーバー(共にさくら)を分けております
    SPF認証の失敗と出ているようなので確認してみると

    v=spf1 +ip4:000.000.000.000 -all
    IPはサイト側でした。
    認証の失敗は上記が関係しているのでしょうか

    またSPFはどのように設定したらよいのか教えていただけますか
    何卒よろしくお願いします

    • 技術サポート より:

      お名前.com側で上記のレコードが設定されているということで間違いないでしょうか。

      以下のような形に修正してください。
      v=spf1 +ip4:メールサーバーのIP include:1lejend.com ~all

      1.IPアドレスをメールサーバーのものに変更
      2.「include:1lejend.com」を追記。
      3.「-all」を「~all」に変更

      • ジジ より:

        早速有り難うございます

        はい、お名前.com側で上記のレコードが設定されておりました。
        v=spf1 +ip4:メールサーバーのIP include:1lejend.com ~all
        こちらに変更とのことですが

        SPFレコードはメール以外には使用しないから
        変更しても問題ないという認識で問題ないでしょうか

        よろしくお願いします

        • 技術サポート より:

          SPFはメールのためのレコードです。
          変更してもウェブサイトなどには影響しません。
          設定すべきIPもメールサーバーのものになります。

  9. admin より:

    ご担当者様

    いつもお世話になっております。
    ・ドメインはVALUE DOMAINにて登録
    ・レンタルサーバは、さくらインターネット(ビジネス)を使用
    ・ネームサーバは、さくらの ns1.dns.ne.jp
    ・さくらでのSPF設定は行えたが、 “v=spf1 a:www9999.sakura.ne.jp mx ~all”となっている。
     (ゾーン変更が非活性で変更できない)

    このような場合のSPF設定方法を教えていただけないでしょうか?

    何卒よろしくお願いします

    • 技術サポート より:

      バリュードメイン側で設置を行う必要があります。
      現在設定されている「Aレコード」「MXレコード」「TXTレコード」を全てバリュードメインで設定します。
      その後、ネームサーバーをバリュードメインに変更してください。
      ご自身での設定が難しい場合は代行設定をご依頼ください。

  10. ルカコ より:

    ◾SPFレコードチェックで「Pass」にならず
    なりすましの可能性とでています。

    コマンドプロトコルで確認

    権限のない回答:
    asumeru.com text=
    “v=spf1 ip4:49.212.139.95 include:1lejend.com~all”

    asumeru.com nameserver=ns1.value-domain.com
    asumeru.com nameserver=ns2.value-domain.com

    ns1.value-domain.com internet adress=54.65.150.1
    ns2.value-domain.com internet adress=54.64.110.166

    とでています。

    ドメイン
    Eストアより独自ドメイン取得
    メールアドレスも独自ドメイン(Eストアサーバー使用)
    です。

    TXTレコード設定編集
    SPFレコードの設定方法を教えてください。

    • 技術サポート より:

      コマンドプロンプトでチェックする方法は「asumeru.com」を例に紹介しています。
      ルカコ様が参照されたレコードは「asumeru.com」のものですので、
      ご自身が使用されている独自ドメインをチェックする必要があります。

      Eストアー・ショップサーブで取得したドメインでは、
      DNS設定を行うことができないため設定を行うことができません。
      ドメインを別の会社に移管するか、別の会社で新規取得することをご検討ください。

  11. 山口 より:

    ドメインはお名前.com
    サーバーはさくらインターネットスタンダード
    ネームサーバーはns1.dns.ne.jpです。

    どこを編集すればよいでしょうか?

    • 技術サポート より:

      お名前.comとさくらサーバーの組み合わせの場合、
      設定はお名前.com側で行う必要があります。

      SPFレコードの他、「Aレコード」「MXレコード」などを手動で設定し、
      ネームサーバーを変更する必要があります。

      この場合はやや難しく、間違えるとウェブサイトが表示できなくなったり、
      メールの受信が出来なくなるなどの問題が生じる可能性があります。

      代行設定をご利用されることをお勧め致します。
      代行設定は無料で利用できます。
      ご希望の場合は以下のページからお申込みフォームへお進みください。

      SPFレコードの代行設定

      以上よろしくお願い致します。

  12. 山口 より:

    いつも大変お世話になっております。
    SPFコード☑ツールで確認すると下記内容のメッセージが届きました。

    なしすましメール判定を受けています。
    SPFレコード自体は設定されていますが、
    設定されているSPFレコードに「include:1lejend.com」が含まれていません。
    SPFレコードを編集して「include:1lejend.com」を加えてください。

    今回調べたメールのドメインはdionです。
    素人で全く分かりません。ログインしてAUone netの
    中に入ることはできます。
    アドバイスいただけますと幸いです。

    • 技術サポート より:

      SPFレコードは独自ドメインでのみ設定が可能です。
      dionなどプロバイダアドレスでは設定ができないため到達率の改善を行うこともできません。
      独自ドメインのメールアドレスを取得してお使いください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)