bitly短縮URLを独自ドメインで使用する

配信したメールが迷惑メール判定を受けないためには、
メール本文に記載するURLに気を配る必要があります。

短縮URLをそのまま使用したりすすると、
同じURLを記載したスパム配信者がいると
影響を受けて迷惑メール判定を受けてしまうことがあります。

配信するメールに記載するURLは独自ドメインのものを
使用することをお勧めします。

ここでは短縮URLのbitlyを独自ドメインで使用する方法をご紹介します。
クリック測定もできるので非常に便利です。

ドメインの準備

bitlyで独自ドメインを使うためには、使用する独自ドメインに対して
DNSレコード設定を行う必要があります。

bitlyに使うURL用に新しくドメインを取得するか、
既に使用しているドメインをサブドメインとして使用します。

ドメインを管理しているサイトでDNSレコード編集を行います。
スタードメインの場合で行ってみます。

DNSレコード編集

DNSレコード編集

Aレコードで「67.199.248.12」か「67.199.248.13」を指定します。
このAレコードはホームページの表示などに関わるレコードです。
ここで設定を行ったドメインはbitly専用となり、
ホームページの表示などを行うことができません。

※IPアドレスはbitlyの仕様変更で変更になる場合があります。

例えば「asumeru.net」はこの技術マニュアルを公開するために使用されています。
もし「asumeru.net」のAレコードを変更してしまうと、
このサイトが表示されなくなってしまいます。

必ずbitly専用のドメインを取得するか、サブドメインで指定してください。

今回はs.asumeru.netというサブドメインをbitly用に設定します。

サブドメインを使うと、Aレコードの指定先を分けることができます。
「asumeru.net」→HPを表示するためのサーバーのIPアドレス
「s.asumeru.net」→bitlyを使うためのIPアドレス

今回は「s.asumeru.net」を使うので、ホスト名に「s」と入力します。

DNSレコード追加

DNSレコード追加

Aレコードの追加を行ったら、反映されるまでしばらくかかります。
10分から1時間程度待ちましょう。

 

bitlyで設定を行う

まずbitlyを使うためにアカウントを作りましょう。
既に持っている方はサインインしてください。

「SING UP」をクリックします。

https://bitly.com/

bitly

bitly

名前、メールアドレス、パスワード、パスワードの確認
をそれぞれ入力して「Create Account」をクリックします。

bitly

bitly

無事にアカウントが作成できたら、右上のメニューボタンをクリックして、
自分のアカウント名ををクリックし、続いて「Email」を開きます。

初期状態ではアカウントが有効になっていませんので
ここから確認のためのメールを送信します。

少し待つとメールが届きますので、記載されているURLをクリックします。
うまくいくと、アカウントが有効になります。

アカウントが有効になったら設定を行います。
画面右上にあるアカウント名のボタンをクリックし、
開いたメニューの「Manage」という文字リンクを開きます。

アカウント名

左メニューの「Branded Short Domains」をクリックし、
「Add Branded Short Dmain」ボタンをクリックします。

Branded short domains

 

ここで最初に作成したドメインを指定します。
ドメイン名を入力して「Verify Domain」をクリックします。

Add Short Domain

ここでうまくいかない場合は一番最初のDNS設定でAレコードの値が正しいか確認してください。
正しい場合は設定反映まで時間がかかっていますので、しばらく待ってから再度行ってみてください。

bitlyを独自ドメインで使用する

実際に使用してみましょう。
最上段の入力バーに短縮化したいURLを入力します。
今回は解除フォームのURLを入力してみます。

bitly

bitly

設定画面が開き、オレンジ色の文字で短縮化されたURLが表示されています。
分かりやすくURLを変更したい場合は、下段の入力欄に好きな文字列を入れて
「Save」をクリックします。

bitly

bitly

短縮URLが作成されました。これで
「http://s.asumeru.net/EvvbGlyIRnM」というURLで
「https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=EvvbGlyIRnM」に
アクセスできるようになりました。

bitly

bitly

実際にアクセスしてみると、以下のようにクリックが測定され表示されます。

bitly

bitly

カテゴリー: 到達率, 短縮URL パーマリンク

bitly短縮URLを独自ドメインで使用する への7件のフィードバック

  1. 中原 のコメント:

    独自ドメイン名が15文字以上なので、ダメみたいでした。

    • 技術サポート のコメント:

      短縮URLですから、あまり長いドメインは制限があるようです。
      メール記載用に短いドメインを取られるとよいと思います。

  2. 国分 のコメント:

    いつもお世話になっております。
    こちらのBit.lyのドメイン機能は、Bit.ly Proの有料機能でしょうか?
    (無料で使用可能でしょうか)

  3. 小安 のコメント:

    「ADVANCED」後に「Branded Short Domain」のタブが
    表示されないのですが、アップグレードが
    必要ということでしょうか?

    • 技術サポート のコメント:

      bitlyの仕様が変わったようです。
      管理画面右上にある自分のアカウント名をクリックし、「Manage」を開きます。
      開いた画面の左メニューに「Branded Short Domain」があります。
      「Add a Branded Short Domain」ボタンまたはリンクから作成できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)