SendGrid利用方法

アスメルからSendGrid経由で配信する方法を解説します。

新規会員登録

SendGridのサイト「新規登録」から会員登録します。

新規登録ボタンをクリック

会員登録の際、法人の住所は必ず登記されている住所にしてください。
また配信に使用するメールアドレスのドメインは、ご自身(自社)で保有されているものに限られます。

業務などで他社の配信を行う際は、依頼元の会社に別途会員登録をしていただきます。また新規会員登録は、審査に2営業日必要となります。

会員登録は審査に2営業日

 

お申込み時にはいくつかの審査項目があります。一般的な例をご紹介します。
入力されているURLは例ですので、ご自身のサイトURLに書き換えてください。

用途についての項目

 

メール内容についての項目

宛先についての項目

 

アスメル設定

審査が通り会員登録できましたら、アスメル「外部SMTP配信設定」にSendGridのユーザ名、パスワードを登録します。

アスメル左側のメニューから「外部SMTP配信設定」をクリック

SMTPユーザ名にSendGridのユーザ名、パスワードもSendGridのパスワードをそのままご記入ください。サーバ名は「tls://smtp.sendgrid.net」、ポートは465となります。

SendGrid用の設定例

SendGridのユーザー名が判らないときは、Account Detailsからご確認ください。

Account Detailsを確認

設定

デフォルトの設定では、テキストメールはHTMLメールに自動変換されて配信されます。
この状態ではテキストーメールを使用した際に改行がうまく反映されなかったり、
文字化けが発生する可能性があります。

テキストメールを使用する場合は、「Mail Settings」から「Plain Content」をONに変更してください。

Mail Settingsにて「Plain Content」を有効にすると、HTMLメールに変換されないようになります。

 

またデフォルトの設定はクリック率計測が有効になっているため、テキストメールを送信するとURLが計測用に置換され非常に長くなります。
無効にする場合は「Tracking」から「Click Tracking」をOFFにします。

 

クリックトラッキング

 

注意事項など

クリック率、開封率、バウンスメール(エラーメール)等は、SendGrid側にて処理されます。

SendGridのサーバーはアメリカにあります。アスメルから直接配信するよりも、配信が遅くなります。目安としてメール1000通あたり6分ほど必要です。
新規登録ユーザーは、送信トラフィック分析、評価のために送信が遅延することがあります。

ダッシュボード側のREQUESTS(配信数)の表示は、すぐには反映されません。

REQUESTS(配信数)は反映に時間が必要

配信数は「EMAILS THIS MONTH」の方が早く更新されます。

EMAILS THIS MONTHは左側メニュー下部に表示

カテゴリー: SendGrid パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)