アフィリエイトタグの設置

設定例

設定例

「購読完了ページURL」のURLには差込み文字を使用できます。

これを利用して登録フォームに入力されたデータを、サンクスページ側に、
URLのパラメータとして渡すことができます。

例えばアフィリエイトのコンバージョンタグなどを設置する際は、
設置するタグ内に注文番号(重複しない数値)の挿入を求められることがあります。
アスメルでは購読者の登録毎に登録IDが振られますので、
この登録IDをURLのパラメータとして差し込み、
渡されたデータをページ内から取得することで反映させることができます。

 

A8の成果管理画面

A8の成果管理画面

登録ID

登録ID

 

登録ID以外のデータも差し込みすることが可能です。
アスメルを申し込みフォームとして使用している場合などでは、
印刷用ページや請求書ページなどに入力内容を反映させることができます。

差し込み文字の一覧はこちら

 

URLパラメータの記述方法

メール本文中に差し込み文字を使用する場合とは少し異なり、
URLにパラーメータとしてデータを渡す際は、各データに名前を付ける必要があります。
名前は「文字列=差し込み文字」というように定義します。
例えば「tid」という名前で登録IDを渡す場合は以下のようになります。

 

tid=###tourokuid###

 

URLとパラメータは「?」で連結します。
また、パラメータの各データは「&」で連結します。

以下の例では、「登録ID」「姓」「名」のデータを渡しています。

 

http://asumeru.net/example/thanks.php?tid=###tourokuid###&sei=###name1###&na=###name2###

 

このURLを「購読完了ページURL」に設定してフォームから登録を行ってみましょう。

フォームから登録

フォームから登録

登録完了後サンクスページに飛ぶと、URLが下図のようになっていることが確認できます。

URLにデータが差し込まれた状態

URLにデータが差し込まれた状態

 

URLパラメータの取得方法

URLパラメータをページ内から取得するためにはHTMLだけでなく、
何らかのスクリプトが必要です。ここではPHPを使用します。

PHPを使用するために、ページはPHPファイルで作成する必要があります。
「.html」のページの場合は、ファイルを「.php」に書き換えてください。

以下のようにするとURLパラメータからデータを取得し、
ページ内に表示させることができます。

<?
if(isset($_GET['データにつけた名前']))
{
   echo htmlentities($_GET['データにつけた名前'], ENT_NOQUOTES);
}
?>

 

a8アフィリエイトタグに通し番号として登録IDを差し込んでみます。

<img src="https://px.a8.net/cgi-bin/a8fly/sales?pid=sXXXXXXXXXXXXXXXXXXX&so=<?php echo htmlentities($_GET['tid'], ENT_NOQUOTES); ?>&si=1.1.1.bank" width="1" height="1" />

 

サンプルファイルをダウンロード
※http://asumeru.net/example/thanks.php は実際に設置する際にご自身のホームページのURLと置き換えてください。

カテゴリー: アフィリエイトタグ, 購読完了ページ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)