Apple系のアドレスへの到達率を改善する(プラチナNEO限定)

Apple系のアドレスでブロックされるケース

エラーメール分類「その他」に
icloud.comなどApple系のメールアドレスが拒否されてリストされることがあります。

「その他」でApple系のアドレスがブロックされるケースでは、大別して

・Appleのポリシーによるブロック
・Spamausによるブロック

の2種類のケースがあります。

判断を行うためにはエラーメールの「詳細」を確認し、本文から
下記の画像のような「The mail system」という中央寄せの文字を探します。
続く3行がエラー内容です。

エラー例

上記のようにAppleのURLが記載されている場合は前者、
spamhausのURLが記載されている場合は後者です。

 

ブロックされる要因

送信者アドレスやURL

まず、迷惑メール判定されないための必要な対策を行っておく必要があります

これは主に下記の3点を行うことです。
・独自ドメインのメールアドレスを使用する
・適切なSPFレコードの公開
・本文中のURLを独自ドメインのURLにする

到達率を改善したい
1:フリーアドレスやプロバイダアドレスを使用している フリーメールやプロパイダのアドレスを送信者アドレスに設定して配信をすると、 「なりすましメール」と見なされ到達率が悪化します。 独自ドメインのメールアドレスをご利用ください。 ...

 

本文内容

次に本文内容の見直しです。
件名や本文に迷惑メールによく使われる単語や文章が含まれている場合や、
迷惑メールに類似した内容である場合は誤検知される恐れがあります。

例えば「稼げる」「出会える」などといったスパムに多い単語や、
URLを1行記載しただけの送信者情報の記載のない短いメールの場合、
ブロックされる可能性が高まる恐れがあります。

迷惑メール報告

購読者による迷惑メール報告は一番問題となります。
未承諾の配信を決して行わないようご注意ください。

また特定電子メール法に沿った配信を行う必要があります。
送信者の名称、住所や連絡先などを必ず明記しましょう。

特定電子メールの送信等に関するガイドライン(平成23年8月31日以降)(PDF)
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/d_syohi/pdf/m_mail_081114_1.pdf

 

解除申請

※解除申請はプラチナプランでのみ可能です。
通常プランの場合は、技術サポートへお問い合わせください。

Appleのポリシーにより拒否されている場合

エラーメールに含まれる下記のURLにアクセスし「Contact Us」をご参照ください。
必要事項を明記して、併記されているアドレスにメール送信することで解除申請が可能です。

Postmaster information for iCloud Mail
This article is for system administrators who manage mail servers that send email to iCloud Mail.

送信内容は下記の通りです。

  • Your company name(会社名)

御社の会社名あるいは個人名です。

  • Your email domain(ドメイン名)

送信に使用しているメールアドレスのドメイン名です。

  • The IP addresses of the affected mail servers(IPアドレス)

割り当てられている専用IPアドレスを記載します。
アスメル管理画面の「メールサーバー」から確認が可能です。

  • The SMTP errors that you’re getting from iCloud mail servers(エラー内容)

エラーメールの詳細を確認すると「The mail system」という中央寄せの文字が見つかります。
この下3行をコピー&ペーストしてください。

ポリシー拒否の例

  • A detailed description of the issue, including when it started (発生時期や詳細)

発生時期や状況を記載してください。

 

spamhausによるブロックの場合

下記URLにアクセスします。

Blocklist Removal Center - The Spamhaus Project

Enter an IP Address」に割り当てられている専用IPアドレスを記載します。
アスメル管理画面の「メールサーバー」から確認が可能です。

ブロックされていた場合はリンクに従って進み、必要事項を入力して送信します。

入力完了後、確認メールが届くので記載されているURLにアクセスすると完了となります。

同時に「Enter a Domain Name」にIPアドレスの逆引きホスト名も入力し確認します。
ホスト名が不明の場合はこちらのサイトなどでIPアドレスを入力し参照することができます。
ブロックされていた場合は同様の手順で解除申請を行います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました